ズワイ(加能)ガニ

ズワイガニ ズワイガニ|21,000円~

高級ズワイガニ
味覚の王様、加能ガニ
「活きている蟹を 茹であげました」の電話でお馴染み。なぜ、全国カニ通が姫丸の蟹にたどり着くのか!

夜、底曳船入港⇒競り⇒真水で1時間〆る(活きている蟹を熱湯に入れるとカニ自身手足ばらばらに外す)⇒甲羅に付いた黒い粒々・ウミヒル卵をタワシ除去⇒徹夜で茹でる

陸揚げしたての活きている特別なカニ(体内に日本海深層水を保持・濃いグランブルー水を流出します)姫丸直伝微塩熱水〈海水の半分濃度〉で1パイずつ丁寧に茹でるのでカニエキス沢山!

発送可能:11/6~3/20  12月は想定外価格発生。設定価格超過をお願いすることがあります。

一番ズワイ(加能)ガニ
●内容量:1.0kg~1.2kg/1パイ
26,300円以上(重さで値段推移)
カートへ(別ウインドウ表示されます)
二番ズワイ(加能)ガニ【大】
●内容量:900g~1.0kg/1パイ
23,700円以上(重さで値段推移)
カートへ(別ウインドウ表示されます)
二番ズワイ(加能)ガニ【中】
●内容量:800g~900g/1パイ
21,000円以上(重さで値段推移)
カートへ(別ウインドウ表示されます)

ズワイガニ 一口メモ

カニの生殖器

  • 能登沖水深290m付近でオスとメスの棲息区域が分かれます。
    (一度交尾するとメスの香箱ガニはオスの精子を一定期間保有。その間、受精卵を放出できると云われています。)
  • 腹ふたを開けるとオスはペニス2本(ヒトのペニス想像不可。写真の赤丸部分、細い管状です)、メス(香箱ガニ)は腹本体に生殖穴2つ持ってます。食べる時、じっくり観察下さい。
    ズワイガニのペニス
  • オスのズワイガニには 原産地証明 金沢港・石川県福浦港 の水色タグ付いてます。
    茹で上げズワイガニ

深海のエイリアン

活きている加能ガニ(ズワイガニ)甲羅には、カニビル成体・カニビル卵がびっしり

  • 約10㎝/生態不明/両端は吸盤状の口になっている。魚にくっつき体液を吸って生きているらしい。
  • ズワイガニと同じ泥深い水深300m付近に生息。岩の代わりにズワイガニの硬い甲羅に卵を産み付けます。
  • 行動範囲を広げる為、ズワイガニに共生。硬い甲羅を借りているだけでズワイガニには害を及ぼさない。
『なぜ、全国カニ通が姫丸にたどり着く!』
夜、底曳船入港 ⇒ 競り ⇒ 真水で1時間〆る(活きている蟹を熱湯に入れるとカニ自身手足ばらばらに外す)⇒ 甲羅に付いた黒い粒々・ウミヒル卵をタワシ除去 ⇒ 徹夜で茹でる 説明通り、タワシできれいに除去しています。→お届け先の皆様は、目にする機会が少ない。
カニビルが蠢いていると『深海300mから姫丸のこんな所までやって来て』と可哀想になります。
TOPへ